いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

主婦のキャッシング

一昔前に主婦のキャッシングで多かったのはショッピングやレジャー費用の補填でした。例えば、アクセサリーや洋服を小遣いで購入し、足りない費用をキャッシングで補填するなどです。或は、旅行の費用が予定をオーバーし、その分をキャッシングするなどの使い方、また、パチンコが好きな主婦は、パチンコの費用をキャッシングすることもあった様です。要するに娯楽に使われることが多かったのです。

 

しかし、最近の主婦のキャッシングはショッピングやレジャー費用の補填ではなく、生活費の補填が殆どになっています。また、キャッシングの返済のために、他社からキャッシングする悪循環に陥っている主婦も多いようです。多重債務は男女に関係なく多いのです。

 

これらの背景には、20年近くに渡って勤労者の平均所得が減っていることが考えられます。従って、本当に主婦のためを考えるならば、低利で便利な小口キャッシングの制度を考えるべきですが、当局の政策は全く逆です。改正貸金業法の総量規制の導入で、主婦は実質的にキャッシングから締め出された形になったのです。

 

現在、大手消費者金融会社の主婦キャッシングに対する対応は3つに大別されます。

 

1つ目の対応は主婦に対するキャッシングを実質的にストップしている業者です。つまり状況がどうであれ、主婦という肩書きならば門前払いされるということです。

 

2つ目の対応は配偶者の与信に頼る「配偶者貸付」で、何とか主婦へのキャッシングを続けている業者です。しかし、この方法は当然、配偶者にキャッシングの許可を得る必要が出てきます。

 

そして、3つ目は主婦へのキャッシングを継続している業者です。与信判断に自身のある業者に多いようです。

 

現在、主婦へのキャッシングを継続している業者の特徴は、その旨をホームページなどで明らかにしていることです。従って、主婦の場合は、大手消費者金融会社のホームページを確認してから、キャッシングの申し込みをした方が良いのです。

 

 

主婦のキャッシング審査に関する参考サイト : http://www.cashingshinsa-gaido.net/