いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

シニア層のキャッシング

高齢者キャッシングのポイントは各業者が決めている年齢制限です。例えば、銀行カードローンの殆どや大手消費者金融会社の大部分は、カードローンの年齢制限を65歳としています。従って、65歳以上の高齢者が利用できないカードローンが多いのが現実です。

 

しかし、現在、65歳以上で現役バリバリで働いている人は多く、今後、年金の支給額の引き下げと元気な高齢者の登場で65歳以上で働く人は増加する筈です。その結果、高齢者でカードローン・キャッシングする人(問題なく利用できる人)も増える筈なのです。その様な時代背景を勘案して、現在、一部の大手消費者金融会社では年齢制限を70歳まで引き上げています。この様なカードローンの年齢制限につきましては、各社のホームページに詳しく案内されています。

 

しかしいずれにせよ、70歳を超えればほとんどのカードローンは利用できないことになってしまいますね。

 

ちなみに、利用中に年齢が上限に達しても一括で返済を迫られることはありません。ただし、新たな借入はできなくなってしまいます。反対に、上限に達してキャッシングが利用できなくなっても、既に借りた分は最後まで返済しなければなりません。

 

高齢者キャッシングのもう1つのポイントはクレジットカードの利用です。つまり、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

 

もともと、クレジットカードの年齢制限は下限は18歳以上ですが、上限を定めていない業者が殆どです。何故なら、クレジットカードのメインはショッピングですから、ショッピングに年齢制限は馴染みません。

 

例えば、30才でクレジットカードを作り40歳でゴールドカード・50歳でプラチナカードを持った顧客が、70歳に成って急に現金でしかショッピングができなくなるというのは理不尽であり、不自然です。また、ビジネスの観点からも、例え高齢者であっても富裕層にはいつまでもクレジットカードを利用して貰いたい訳です。従って、クレジットカードのキャッシング枠についても同様で、クレジットカードのキャッシング枠に年齢制限はありません。