いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

フリーターのキャッシング

 

キャッシングには審査がある、というのはもはや言うまでもないことなのですが、この審査は要するに信用を測るためのものです。

 

キャッシングの審査における信用というのは収入、計画性、地位などです。年収が多ければプラス、返済が遅れていない経歴があればプラス、部長ならプラス、マイホームを持っていればプラスという風に審査されていくのです。しかしその理論で行くとフリーターという立場にある人はどう評価されるでしょうか。審査など絶望的に思えてしまうのではないでしょうか。

 

昔はそうでした。フリーターがキャッシング、というのはあまり考えられないことでした。ところが今ではフリーター・パート大歓迎というキャッシング業者は多くあるのです。つまりフリーターだからといってキャッシングができないなんてことはないのです。現在はフリーター・パートの受け入れに積極的な業者が多く存在します。

 

フリーター・パートを受け入れている業者がある一方で、まだ受けいれていないが業者があるのも事実。その違いはなんなのでしょうか。それは要するに審査に自信のある業者か、そうでないかです。

 

フリーターはやはり業者からすれば多少警戒しなければならない顧客となります。もしかすれば収入が少ないかもしれない、すぐに解雇されるかもしれない、というリスクを考えるのです。そのリスクを重く見て、申し込み自体断る業者も少なくありません。ところが審査に自信のある業者は、そのあたりの見分けができるため、申し込みを許可しているのです。そのため、審査のしっかりしている大手業者がフリーター・パートを受け入れていることが多く見受けられます。

 

もちろんフリーターは、正規社員に比べると審査が厳しくなります。キャッシングには収入の安定性が必要不可欠です。やはりフリーターは安定性で見ますとあまり優れているとはいえません。雇い主から見ても非正規雇用の方が遥かに解雇しやすいのは明白だからです。そのあたりもキャッシングの審査では考慮されるため、審査の結果は多少危うくなると見ていいでしょう。収入面でも基本的には正規社員より少ないことが多いですし、原則ボーナスもないため、借入可能額も多くは期待できません。

 

とはいえ、数万〜数十万の借入は決して不可能ではありません。急な入用などには充分に対応できるでしょう。