いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

自営業者のキャッシング

 

一般的に自営業者のキャッシングを「事業者ローン」や「経営者ローン」や「ビジネスローン」などと呼んでいます。

 

これらのローンは公的機関や銀行や信販・クレジットカード会社や消費者金融会社などで取り扱われていますので、ローンの呼び名は様々です。また、取扱い機関によってローンの中身やキャッシングまでの時間は様々です。従って、自営業者のための最も便利なキャッシングという意味で、いくつかのタイプに分類することができます。

 

まず、公的機関の「事業者ローン」は、都道府県や市町村などが直接融資する場合があります。また、日本政策金融公庫の融資や信用保証協会の債務保証という形で自営業者に融資する場合があります。これらの公的機関の「事業者ローン」は民間金融機関に比べると遥かに低利融資ですが、キャッシングまでに非常に時間が掛かることが大きなネックとなっています。

 

例えば、信用保証協会の債務保証を受ける場合は審査に2〜3ヶ月を要する場合も有り得ます。しかも、直近数年間の決算書は勿論のこと、様々な書類を用意しなければなりません。従って、公的機関の「事業者ローン」を考える場合は、相当な時間的余裕を持ってトライする必要があります。また、銀行や信用金庫の「事業者ローン」も審査に数週間を要することも少なくありません。急ぎの用件の場合は当然、向いてないと言うほかありません。

 

一方、信販・クレジットカード会社や消費者金融会社の「事業者ローン」の審査は、遥かにスピーディーで簡単です。場合によっては即日から数日で融資される場合も多く、用意する書類も申込者の本人確認書類と事業を営んでいることの証明があれば足りる場合が殆どです。但し、信販・クレジットカード会社や消費者金融会社の「事業者ローン」の適用金利は、公的機関や銀行などに比べると遥かに高いことは言うまでもないことです。

 

いずれにせよ、スピードと低金利、どちらかを選ぶことになりそうです。