いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

学生のキャッシング

もともと、業者にとって学生に対するキャッシングは、貸し倒れ比率が高かった訳ではありません。

 

つまり、業者にとっては学生に対するキャッシングは採算の悪いビジネスではありませんでした。何故なら、学生は素直ですから、大人と違い約束を守ろうとする人が多いのです。また、学生には親という保護者がいますから、仮に学生が返済できなくなった場合でも親が肩代わりしてくれる場合が多いのです。

 

しかし、貸金業法が改正されて総量規制が導入されると、学生に対するキャッシングを規制する業者が増えました。その理由は、前年の年収の1/3を超える新たな貸し出しを禁止した総量規制にあります。例えば、消費者金融会社が総量規制を厳密に守ると、アルバイト収入の無い学生には全く融資できなくなります。或は、アルバイト収入を厳密に計算して融資限度額を絞ることになります。

 

しかし、金融庁が総量規制を導入した狙いは、その様なポイントではありません。過剰融資や多重債務を無くすことが、そもそもの目的なのです。従って、学生や主婦やパート・アルバイトは、総量規制のとばっちりを受けている様なものなのです。

 

その様な中で、学生に優しいキャッシング業者も無い訳ではありません。特に、長年、学生街で学生ローンを専門に手掛けてきた学生ローン専門業者や、一部の審査に自信がある大手消費者金融会社は学生を門前払いすることはありません。一部の学生ローンでは18歳から利用できる業者もあり、とても貴重です。学生専門のローンは申し込みこそ学生でなければできませんが、多くのところでは学校を卒業してからもしばらく使い続けることができるようになっています。

 

長いリテール経験から独自の審査システムを築き上げたプロミスアイフルは、大手消費者金融会社の中でも学生に優しいキャッシング業者と言えるのです。もし現在、学生で融資口に困っているなら、諦めずにそのような業者をあたってみてはいかがでしょうか。とはいえ、いくら学生に優しいとあっても、収入が無ければ法的に貸し出しができないことになってしまいます。しっかりと収入をつくり、年収を証明できるようになってから申し込みをしましょう。