いろんなシチュエーションによって変わる最適のキャッシング

銀行でのキャッシング

予期せぬ出来事で急にお金が必要になった時、誰もが直ぐに考えるのは銀行でのキャッシングです。銀行でのキャッシングは個人にとって最もポピュラーなキャッシング手段と言えますが、銀行でのキャッシングには2つの方法が考えられます。

 

1つ目は無担保カードローンのキャッシングです。現在、メガバンクや大手銀行などでは審査に特に問題が無ければ、早い場合は即日でキャッシングすることができます。また、手続が遅い銀行の場合でも数日〜1週間程度でお金を借りることができます。

 

現在、この様な個人向け無担保カードローンのキャッシングは、メガバンクを初めとして大手都市銀行・地方銀行・ネット銀行・信用金庫などの全ての金融機関が取り扱っています。

 

そして、銀行でのキャッシングのもう1つの方法は当座貸越の様なキャッシングです。当座貸越とは当座預金口座を持つ企業が、預金額を超えた一定額までを貸し越せる制度です。

 

例えば、1,000万円の当座預金を持つ企業が、1,500万円まで直ぐに資金を引き出すことができる様な制度です。当座貸越は企業に急な資金ニーズができた時には、非常に便利な手段と言えます。この制度を個人取引にも応用しますと、総合口座を作り定期預金を預けます。

 

そして、急な資金ニーズが生まれた時に、定期預金額の範囲内で自由にキャッシングできることになります。「定期預金がある人には便利な制度だが、無い人にはできないことだ」と思われるかもしれませんが、物事の順序を入れ替えただけのことです。つまり、お金を貯めてから使うのと使ってから返すのとでは、費やするエネルギーは大違いなのです。

 

発想を転換してお金を貯めてから使う癖を付ければ、定期預金を持ち総合口座でキャッシングを繰り返すこともできるのです。

 

生命保険会社のキャッシング

 

上とは打って変わって、予期せぬ出来事で急にお金が必要になった時、生命保険会社のキャッシングを思いつく人は稀でしょう。

 

現在の我が国は生命保険大国とも言われており、殆どの人は何らかの生命保険に加入しています。毎月、高い保険料を支払い続け、気が付かないうちに多額の金額が生命保険会社に積み立てられています。勿論、それらの積み立てられた資金は、万が一の場合の保険金として生命保険会社に積み立てられているものです。従って、万が一の場合には保険金を受け取ることで、家族の生活が支えられていることは言うまでもありません。

 

その様に生命保険会社に積み立てられた資金を、一時的に貸し付ける制度はどこの生命保険会社にも準備されています。通常、「契約者貸し付け制度」などと呼ばれている制度です。只、生命保険会社の「契約者貸し付け制度」の対象になる保険とならない保険が有りますから注意が必要です。

 

生命保険の簡単な見分け方は、貯蓄型で配当がある生命保険は「契約者貸し付け制度」の対象になる場合が多いと言えます。一方、いわゆる掛け捨て型の生命保険は「契約者貸し付け制度」の対象にならない場合が多いと言えますが、個別に確認する必要があります。

 

「契約者貸し付け制度」の手続は簡単で、加入している生命保険会社の担当者経由で直ぐに手続できます。但し、生命保険会社の「契約者貸し付け制度」の難点は、キャッシングに時間が掛かることです。生命保険会社にもよりますが、通常、1週間から2週間の期間が必要です。従って、生命保険会社の「契約者貸し付け制度」でキャッシングする場合は、十分な時間的な余裕が必要です。反面、借入金利は消費者金融会社のカードローンに比べると、遥かに低い金利となっています。